イエス・キリストをより良く知るために

黙示録14章

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ここに掲載している記事は毎週の礼拝で受ける恵メッセージの中でも特に教えられ感銘を受けたものをとりあげています。自分の霊の糧として、あるいは友人と分かち合いたいという願いから、また是非心に留めておきたいという想いから、BLOGという体裁を取らせていただきました。
前章の「獣を恐れて従う者たち」の醜悪な姿と、本章に描かれている「シオンの山の 上に立つ子羊」に従う聖徒の群れの栄光の姿、いずれを選ぶべきか?私達の胸に強く訴えかけてきます。 ここに 144,000人とありますがこれは初穂の中の一束にすぎません。イエスの十字架によって救われる人びとがはどれほど増し加えられることでしょうか。 御座の前で 彼らは、他の誰も学ぶことができない「新しい歌」を歌います。 そして彼らは汚れたことのない 霊的な童貞であり 、口には偽りがなく、傷のない者であり、子羊の行くところにはどこへでも 付き従ってゆくのです。
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ここに掲載している記事は毎週の礼拝で受ける恵メッセージの中でも特に教えられ感銘を受けたものをとりあげています。自分の霊の糧として、あるいは友人と分かち合いたいという願いから、また是非心に留めておきたいという想いから、BLOGという体裁を取らせていただきました。
スポンサードリンク



Copyright© 聖書の言葉の余韻に浸る , 2019 All Rights Reserved.